スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

プロジェクト終了

本日をもちまして平成19年10月よりはじまった
EDS竹デザイン・プロジェクトは終了いたします。
2年半のあいだ、多くの方々にご協力いただきました。
この場を借りて感謝の意を示したいと思います。
誠にありがとうございます。

プロジェクト自体は終了いたしますが、
武蔵野美術大学の竹への取り組み自体は
今後も継続されますので
どうか温かくお見守りください。


プロジェクトアシスタント
橋口
スポンサーサイト
22 : 59 : 58 | 未分類 | page top↑

日経MJ取材

今日は日経流通新聞(日経MJ)の取材がありました。
毎週水曜日のデザイン面にEDS竹デザイン・プロジェクトが特集されます。
代表の板東先生のインタビューの後、参加学生にもインタビューがありました。

↓昨年工デの授業で折り畳み可能な竹の長椅子を制作した工デ4年の森田君。
090818_10

↓インタビューに応えた基礎デ3年の手島さん、森田君、板東先生で記念写真。
090818_11

9/9日の日系流通新聞(日経MJ)紙面にて掲載予定です。
お楽しみに!
11 : 19 : 02 | 未分類 | page top↑

Andar先生来訪

3月に行なわれたインドネシア研修で、お世話になったAndar先生が奥様と一緒にムサビを訪問され、私たちスタッフと、研修旅行に参加した数名の学生でお迎えしました。

まずは基礎デザイン学科からご案内↓
Andar先生1
板東先生も再会を喜んでいました。


工デID研究室の助手、茂木さんにもご協力いただき、学生が課題に取り組む姿も見ていただきました。
Andar先生2


他にも、学生の作品に興味を持ってくださり、説明に耳を傾けてくださいました。
Andar先生3
↑研修旅行にも参加した工デの学生、岩村さんが自身の作品について話しているところです。

この後は工デ インテリア研究室の助手、三澤さんのご協力のもと、テキスタイルやガラス工房、陶磁工房など学内をご案内しました。

久しぶりに再会した学生たちとも話がはずんでいて、皆で楽しい時間を過ごすことができました。
Andar先生は、あと1ヶ月ほど日本に滞在されるそうです。また会える機会を楽しみにしています。
16 : 52 : 02 | 未分類 | page top↑

竹の子

プロジェクト自体との関係はありませんが、
この時期ならではの筍について紹介します。

今、近くに竹のある辺りを眺めると、ちらほらと筍の頭が見えます。
筍1

この小さな筍がグングン伸びていって大きな竹に生長するのです。
もし可能であれば掘り起こしてみてください。
簡単に掘れて楽しいですよ。
筍2

竹はいろんなものに使えて、更に美味しく食べられます。
是非この時期限定の筍掘りを楽しんでください。

*勝手に筍を掘るのではなく、必ず、許可をとってから行うようにしてください。
13 : 32 : 12 | 未分類 | page top↑

Bamboo Lectures

今日は竹プロジェクトのカリキュラム説明会が行なわれ、担当の先生方より各カリキュラムや取り組みについて説明がありました。
全体オリエン

今年度も竹プロジェクトが始まりました。
「竹」でどんなことができるのか、持続可能な社会に向けてどういったことができるのか、一緒に考えていきましょう!


竹プロジェクトについて疑問や質問のある方は、9号館7階の中央スペースに来てください。
※原則として、9:00~17:00は2人のスタッフ(橋口・鈴木)がいます。(お昼休みの12:40~13:40は不在です。)
17 : 06 : 25 | 未分類 | page top↑
| ホーム | 次ページ

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


プロフィール

rebung

Author:rebung
武蔵野美術大学「竹プロジェクト」スタッフ


ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。