スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

造形総合「竹の造形」11

今日は「竹の造形」最終日です。

これまで毎日練習してきたタタケタケの発表に、みんなが耳を傾けます。
タタケタケ発表1

ティピ内部での演奏は、雰囲気もあいまって心地いいです。
タタケタケ発表2

外から見るとこのような感じです↓
屋根を葺いたティピ
音に誘われて近づいてみると、中で演奏が行なわれているわけです。
今回の演奏は最高のできだと褒められ、学生もうれしそうでした。

演奏会が終わると、今度はお祭りの準備です。

端材を使って火をおこし、
竹で火の守

その火に鍋をかけます。
鍋の準備

竹でご飯も炊きました。ほんのり竹の香りがします。
竹で炊いたごはん

暗くなっても人が途絶えることはなく、穏やかな雰囲気ですが盛り上がっていました。
夜のうたげ
ゲストの二名さんや、関野先生、望月先生もくつろいでいます。
夜のうたげ2

完成したティピを上からのぞいて見るとこんな感じです。
ティピ遠景1

後日、ティピの区画に落ち葉を敷き詰めたら、
よりくっきりとして素敵な空間になりました。
ティピ遠景2

盛りだくさんの内容で、とてもブログには書ききれませんでしたが、
講師の日詰明男さんのHPには詳細がアップされています。

こちらも是非ごらんください。→STAR CAGE 竹の都市、竹の幾何学、竹の音楽
スポンサーサイト
20 : 28 : 19 | H21造形総合(基礎デ) | page top↑

造形総合「竹の造形」10

ティピが完成し、今日はみんなで自由に歩き回りました。

デコレーションされたティピでは、一足早いクリスマス気分が味わえます。
竹のツリー

こちらのティピでは、チョコレートフォンドュをしています↓
チョコフォンドュ1

青竹を細く割いた竹串に、パンやマシュマロを刺し、とろとろに溶けたチョコの中へ・・・
美味しそうです。
チョコフォンドュ2

こちらからは、焼きおにぎりのいい香りが漂ってきました。
焼きおにぎり
お餅もいい具合に焼けています。

どこを向いても学生の笑顔があふれていて、本当に楽しそうでした。
楽しい時間

落ち葉も笑顔で和みます。
笑顔の落ち葉

明日、ついにティピでの生活も最終日を迎えます。
16 : 10 : 57 | H21造形総合(基礎デ) | page top↑

造形総合「竹の造形」9

いいお天気に恵まれた今日も作業は進められ、どんどんティピが出来上がっていきます。

中には竹の葉で屋根を葺く班もあります↓
ティピに屋根を葺く

すでにティピが完成した班は、タタケタケの練習に余念がありません。
タタケタケ練習中

星籠(小)の制作に夢中になる学生もいます。
星籠(小)制作中

こちらではいろりと竹のうつわが準備されています↓
いろりと竹のうつわ

明日からは、いよいよ完成したティピの中を自由に歩き回ります。
用意された竹のうつわがどのように活躍するのかも楽しみです。
17 : 20 : 05 | H21造形総合(基礎デ) | page top↑

造形総合「竹の造形」8

先日自分たちで伐採してきた竹を使って、ティピの組立が始まりました。
班ごとに一つのティピを好きな区画に建てていきます。

長い竹を何本も運ぶのは大変でしたが、そのおかげで青々とした葉のついた竹を使えます。
hz_1124_1

青竹は、竹割り器でトントンとやるとパカっと気持ちよく割れます。
hz_1124_2

分担して作業をすすめます。
hz_1124_3

杭ももちろん竹でつくります。
hz_1124_4

hz_1124_6

できあがり。
hz_1124_5

これからこのティピがどんな風になっていくのか、
またどんな活動がされるのか、とても楽しみです。
11 : 04 : 09 | H21造形総合(基礎デ) | page top↑

造形総合「竹の造形」7

今回のワークショップでは、使用する竹を購入するのではなく、自分達の手で伐採しに行きます。
hz_1121_1

竹を切るときは根元の土をすこし掘り、根元から切った後は土を戻して平らにならしておきます。
hz_1121_2
そうしないと切ったあとの竹につまづいたりして危ないからです。

切った竹は、そのままズルズル引きずって大学へ戻ります。
hz_1121_3

約100本の竹をみんなでひたすら運びます。
hz_1121_4

hz_1121_5

最後には、落ちて散らばった葉の掃除をして終わりです。
hz_1121_6

竹の持続可能性について、切るところから考えるきっかけとなった1日でした。
今後は、この竹をどう使用し最後はどうするのかまでしっかり考えて取り組んでくれたらと思います。
11 : 16 : 58 | H21造形総合(基礎デ) | page top↑
| ホーム | 次ページ

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


プロフィール

rebung

Author:rebung
武蔵野美術大学「竹プロジェクト」スタッフ


ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。