スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

タチカワブラインド展示会

1/12-16の期間、タチカワ銀座スペースÅtte(オッテ)において本プロジェクトの作品展示会が開かれました。
報告が遅くなってしまいましたが、本プロジェクトにおける国内最後の公式イベントとして、タチカワブラインド様のご協力により銀座での学外展示が実現しました。

タチカワ銀座スペースÅtte(オッテ)のHPはこちら
タチカワ銀座スペースÅtte(オッテ)による展示会告知はこちら

H21年度の授業成果物である工芸工業デザイン学科の家具作品と基礎デザイン学科の日用品作品が中心に展示されました。
↓展示会場の様子です。
gt_0116_19

gt_0116_05

↓各作品の様子です。まず椅子作品です。
竹のしなりを利用した機能性とかたちが展開されています。
gt_0116_06
「タワミ」永島春子

gt_0116_07
「HASHI stool」豊田裕基
続きを読む
スポンサーサイト
10 : 54 : 46 | イベント | page top↑

アートサイト八郷2010

2/6-14までの期間、茨城県石岡市の八郷地区において「アートサイト八郷2010」が開催されていました。
1年生対象の造形総合(建築学科開講)において制作された竹の作品群と有志作品、建築学科長尾ゼミ学生2人による卒業制作作品が筑波山を望む田園地帯に展示されていました。
最終日の報告しかできないことを申し訳なく思いますが、里山に花開いた美しい竹の造形展をご紹介します。

「アートサイト八郷2010」HPはこちら
ムサビ実行委員によるブログはこちら

*実行委員についてはこちらをご覧ください。
地元の方々とムサビ建築学科の先生方が中心となり、また建築学科の1年生が学生実行委員として活躍してくれました。

↓田んぼ道を歩いていると徐々に作品が点在する様子が見えてきます。
ay_0214_01


↓こちらは建築学科と基礎デザイン学科の4年生による有志作品です。
ay_0214_02
多面体構造を利用した仮設住居の提案ですが、少々かたちが崩れてしまっています。

↓ここからは1年生の竹の作品です。
ay_0214_03
竹を用いたさまざまな空間が提案されています。

ay_0214_04
道に障害物をつくることで日常の「歩き」に変化が生まれます。

ay_0214_05
波の模様を表現した作品の周囲にみずたまりができていました。
これも自然の中での展示ならではの現象です。
続きを読む
21 : 00 : 00 | イベント | page top↑

招聘教授による講評

招聘教授でお呼びしたJohn Hardyさんによる作品講評が
9号館webスペースにて行なわれました。

John Hardyさんは、昨年のインドネシア研修でも訪れたグリーンスクールの主宰者で、
世界に竹による生活提案を行なっている方です。

学生の作品説明にじっくりと耳を傾け、一つ一つ丁寧に講評してくださいました。
John 講評3

John 講評1

John 講評2


John 講評4

John 講評5

Hardyさんは、サスティナビリティを考えて物をつくる時、自然でグリーンな材料にとことんこだわるよう、
何度も何度も学生に伝えてくださいました。

学生達も真剣に聞き入っていて、それぞれ感じるものがあったようで貴重な時間となりました。

今日感じたことが、これからの物づくり、人生に
少しでもプラスになってくれたらと思います。
続きを読む
13 : 51 : 56 | イベント | page top↑

竹プロジェクト 学内展示

今日から28日まで、9号館webスペースで竹プロジェクトの作品展示を行なっています。

竹の日用品↓
9web 基デ作品

竹の家具↓
9web 工デ作品

クオリティーの高い作品が多く、見ごたえがあります。

朝日新聞(全国版)で取り上げていただき、外部からもたくさんの方が見にきてくださいました。
足を運んでくださった方々、ありがとうございました。
14 : 05 : 28 | イベント | page top↑

オープンキャンパス

オープンキャンパス当日。
大勢の方に展示を見ていただくことができました。
op6

op7

op8

今年の11月にはシンポジウムが予定されています。
オープンキャンパスでは制作過程のものも含めての展示ですが、そこでは本プロジェクトの成果が数々の作品とともに展示されます。
乞うご期待!

14 : 14 : 14 | イベント | page top↑
| ホーム | 次ページ

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


プロフィール

rebung

Author:rebung
武蔵野美術大学「竹プロジェクト」スタッフ


ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。