スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

工デ 竹プロジェクト

工芸工業デザイン学科が課外として開講する、
「竹プロジェクト」がいよいよ始まりました。
アフリカのガーナでデザイン指導に携われている
インテリア学科の伊藤先生による竹を用いた家具作りの授業です。

今日は、今年1年間の制作の流れ、コンセプトなどが説明されました。
参加者は凡そ30名。
工デ

クオリティの高い作品が出てくることは間違いありません。
今から、どんなかたちが生まれるのか楽しみです。
スポンサーサイト
19 : 50 : 52 | 工デ課外 | page top↑

竹の造形と地球環境 第1回目

今日から「竹の造形と地球環境」が始まりました。
今年から本学の専任教授となった望月教授が先生です。
先生は東京農業大学で植物学を学ばれたあと、
デンマークの王立アカデミーで造園学を学ばれ、
世界中で活躍するLandscape Architectです。
望月

竹に関する専門的な説明から、美術大学にふさわしい、
竹と人間のかかわり合いをユニークなエピソードを交えながら解説してくださいます。

教室は超満員。
望月2


今日は竹の植物的特性の説明でした。
竹の驚異的な特徴には、ただ、ただ、驚かされます。
今後の授業が楽しみです。

19 : 29 : 40 | 文化総合科目 | page top↑

Andar先生来訪

3月に行なわれたインドネシア研修で、お世話になったAndar先生が奥様と一緒にムサビを訪問され、私たちスタッフと、研修旅行に参加した数名の学生でお迎えしました。

まずは基礎デザイン学科からご案内↓
Andar先生1
板東先生も再会を喜んでいました。


工デID研究室の助手、茂木さんにもご協力いただき、学生が課題に取り組む姿も見ていただきました。
Andar先生2


他にも、学生の作品に興味を持ってくださり、説明に耳を傾けてくださいました。
Andar先生3
↑研修旅行にも参加した工デの学生、岩村さんが自身の作品について話しているところです。

この後は工デ インテリア研究室の助手、三澤さんのご協力のもと、テキスタイルやガラス工房、陶磁工房など学内をご案内しました。

久しぶりに再会した学生たちとも話がはずんでいて、皆で楽しい時間を過ごすことができました。
Andar先生は、あと1ヶ月ほど日本に滞在されるそうです。また会える機会を楽しみにしています。
16 : 52 : 02 | 未分類 | page top↑

デザイン演習1-b プロジェクト研究B

デザイン演習1-b・プロジェクト研究Bの授業が始まりました。
この授業は2人の先生が担当し、前半は神戸芸術工科大学で教鞭をとられている物理学者、高木隆司先生、後半は基礎デザイン学科の板東孝明先生となっています。
高木先生は自然界における諸現象、数理的秩序をわかりやすく講義と演習を通して説明してくれます。

第1回目の今日は、「対称性と万華鏡」についての講義です。
みんな万華鏡の世界にあっという間に引き込まれていきました。
1-b 3


満員の教室では、みんなが終始楽しそうに授業を受けているのが印象的でした。
1-b 2

対称性の応用で、新しい創造の可能性が広がっていくことを期待します。
16 : 10 : 56 | 基礎デザイン学科 | page top↑

デザイン演習I-f プロジェクト研究C

デザイン演習I-b(プロジェクト研究C)の授業が今日から始まりました。
3限はまず工房利用の説明です。
工房
工房作業には危険がつきまとうもの。
簡単に指などは切断されてしまうので、細心の注意が必要です。

説明の後は素材であるEDS竹の切り出しです。
切り出し1

5mはある長い竹を半分に切り、教室へと運びます。
切り出し2


続いて4限。始めに本プロジェクトのタイトルにもなっている、
EDS技術に関するDVDを見て、技術の特性、背景などを勉強。
その後、開発者である株式会社EDS研究所所長、
石井幸男氏が教室にお越しいただきました。

石井氏からEDS技術開発の背景、思い、技術の持つ可能性などが語られました。
石井

学生達からは質問も飛び交い、最初の授業を終えました。
外は新緑も鮮やかな、この季節。
これからどんな提言を持った作品が仕上がるのか楽しみです。
15 : 14 : 49 | 基礎デザイン学科 | page top↑

竹の子

プロジェクト自体との関係はありませんが、
この時期ならではの筍について紹介します。

今、近くに竹のある辺りを眺めると、ちらほらと筍の頭が見えます。
筍1

この小さな筍がグングン伸びていって大きな竹に生長するのです。
もし可能であれば掘り起こしてみてください。
簡単に掘れて楽しいですよ。
筍2

竹はいろんなものに使えて、更に美味しく食べられます。
是非この時期限定の筍掘りを楽しんでください。

*勝手に筍を掘るのではなく、必ず、許可をとってから行うようにしてください。
13 : 32 : 12 | 未分類 | page top↑

Bamboo Lectures

今日は竹プロジェクトのカリキュラム説明会が行なわれ、担当の先生方より各カリキュラムや取り組みについて説明がありました。
全体オリエン

今年度も竹プロジェクトが始まりました。
「竹」でどんなことができるのか、持続可能な社会に向けてどういったことができるのか、一緒に考えていきましょう!


竹プロジェクトについて疑問や質問のある方は、9号館7階の中央スペースに来てください。
※原則として、9:00~17:00は2人のスタッフ(橋口・鈴木)がいます。(お昼休みの12:40~13:40は不在です。)
17 : 06 : 25 | 未分類 | page top↑

入学式

桜が満開の中、入学式が行われました。
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

ムサビの桜もこの時を待っていたとばかりに咲き誇っています。
sakura

sakura2


竹プロでは4/10 16:00よりオリエンテーションを開催いたします。
本年度の取り組みと対象カリキュラム、授業内容などを説明しますので、興味のある方は是非お越しください。
*説明時間が短いため、早めにお集まりください。

15 : 24 : 39 | イベント | page top↑
| ホーム |

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


プロフィール

rebung

Author:rebung
武蔵野美術大学「竹プロジェクト」スタッフ


ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。