スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

工デ 竹プロジェクト8

今日は工デでチェックが行なわれました。
毎回とても出席率がよく、竹に取り組む姿勢や熱意に驚かされます。
伊藤717 (5)


原寸モデル完成に向け、作業は着々と進んでいるようです。
伊藤717 (1)

伊藤717 (4)

伊藤717 (3)

伊藤717 (2)

夏休み中も、先生のご協力のもとで作業は続きます。
いよいよ原寸で作品が見られる日も近そうです。
9月を楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト
17 : 06 : 47 | 工デ課外 | page top↑

竹の造形と地球環境12

今日で今年の講義は終了です。
最後の講義は本プロジェクトが対象としているEDSとは別の木材加工である、古代人スガオカという方の燻煙熱処理を紹介するビデオを始めに見ました。

古代人に関して詳しくはこちら

続いて望月先生が長年かかわれている、マングローブ植林を説明するビデオです。

後期は演習形式で、より少人数の参加の中授業が行われます。
後期も楽しみです。
7_10
20 : 11 : 31 | 文化総合科目 | page top↑

デザイン演習1-b(プロジェクト研究B) 10 プレゼンテーション

今日はグループ毎に設定したテーマを元にプレゼンテーションです。
7_8_b1

実際に作品の上に、板東先生が座っての実験です。
7_8_b2
多面体構造の強さの実証になりました。

傘によるドームつくり。
youtubeにもアップされているようです。
動画はこちらこちらも。
7_8_b3

美しい鏡の造形のプレゼンです。
7_8_b4

前半講義していただいた高木先生にもお越しいただきました。
7_8_b5

7_8_b6

7_8_b7

極小曲面の実験です。
7_8_b8

皆、美しくパネルをまとめていました。
7_8_b9

ハニカム構造です。
なんと車の重量にも耐えられる程強固です。
7_8_b11

LEDを用いた美しい光のアート。
7_8_b10

7_8_b12

7_8_b13

7_8_b14

さまざまな原理・概念の紹介された授業もこれで終了です。
これらの構造が新しい時代を切り開く種となることを期待します。
19 : 51 : 15 | 基礎デザイン学科 | page top↑

デザイン演習I-f (プロジェクト研究C) 10 プレゼン

いよいよ前期最後の授業の今日は、プレゼンテーションです。
各政策対象毎にプレゼンが行われました。

照明の点灯の様子です。
7_8_m1

竹とは思えない程ピカピカに磨き込んであります。
7_8_m2

まだ完成していませんが照明になります。
試しに光に当ててみるととてもきれいでした。
7_8_m3

繊細な造形に仕上がっています。
7_8_m4

日用品です。
7_8_m5

宮島先生作の日本酒用とワイングラスも並びます。
7_8_m6

組み替え式の器です。
さまざまなバリエーションが可能です。
7_8_m7

櫛と手鏡です。味があります。
7_8_m8

プレゼン終了後は皆で食事会です。
もちろん制作した作品を実際に飲食物をもって飲み食べします。
7_8_m10

大根おろしも実際に使用してみました。
7_8_m11

竹づくしの食事会。
7_8_m12

7_8_m13

前期はこれで終了です。
皆様お疲れさまでした!

18 : 19 : 55 | 基礎デザイン学科 | page top↑

竹の造形と地球環境11

授業の始めに油絵学科4年の宮本英恵さんにより、映画「チベット チベット」上映会の告知がありました。
チベットの現状を捉えたドキュメンタリー映画です。
今日の16時半からの上映会でしたが、後期に再度監督を呼んでの上映会を企画しており、今日はその事前上映、とのことでした。
07_03

望月先生より、当初予定していた竹の職人さんが体調不良のため来られなかった旨の説明がありました。
その後、本学と関係のある方々の竹の作品や調査、ニューヨークなどで注目を浴びている日本の竹工芸の現状などの説明がありました。
07_03_2

いよいよ授業も残すところ後1回です。
20 : 02 : 48 | 文化総合科目 | page top↑

デザイン演習1-b(プロジェクト研究B) 9

今日はテンセグリティーのワークショップです。
7_1_b1

グループで共同作業も。
7_1_b2

ジグを元に組み立てていきます。
7_1_b3

「伸びない」テグスを張っていきます。
7_1_b4

分からない箇所は先生に教えてもらいます。
7_1_b7

自分が分かったら友達同士教え合います。
7_1_b8

完成。不思議な構造です。
7_1_b6

実際触れてみると、ガチガチの構造となっており、いかに安定しているかが実感できます。
7_1_b5

20 : 59 : 29 | 基礎デザイン学科 | page top↑

デザイン演習I-f (プロジェクト研究C) 9

徐々に仕上げが近付いてきました。
工房だけでなく、教室でも作業を続けます。
7_1_m1

7_1_m2

まだ作品の全容は見えないものの、さまざまなかたちが見て取れます。
7_1_m3

7_1_m4

いよいよ来週はプレゼンテーション。
皆、どのように仕上げてくるのか楽しみです。
7_1_m5
20 : 23 : 19 | 基礎デザイン学科 | page top↑
| ホーム |

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


プロフィール

rebung

Author:rebung
武蔵野美術大学「竹プロジェクト」スタッフ


ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。