FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

竹の造形と地球環境演習 5

今日は、パーカッショニストである鶴 勝英さんをお招きして授業が行なわれました。
鶴さんは、自然とふれあいながら、周囲に自生する竹や流木を使い、
これまでになかった響きを奏でる竹の楽器を創作されている方です。
10_23_2
冒頭から、その神秘的で生命感あふれるサウンドに、学生は惹きつけられていました。

途中で、学生が実際に楽器に触れ、演奏させてもらえる機会もありました。
10_23_3
指で弦をはじいて音を出す楽器で、いろんな音が出せます。
楽しく体験させていただいたあと、
なんとそのままこの楽器をプレゼントされるというビックサプライズもありました。


続いて演奏された楽器はこちらです↓
10_23_6

その演奏と歌声に、学生たちの笑顔がこぼれます。
10_23_4


↓こちらも鶴さんの作品です。
10_23_1
立てると水の滴る音が聞こえ、その心地よい音色はいつまでも聞いていたいもので、
なかなか次の人に渡せません・・・


あっという間に授業は終わってしまいましたが、終了後も鶴さんは学生に囲まれていました↓
10_23_5

時間の関係で、授業内では紹介できなかったギターも弾いてくださいました↓
10_23_7


鶴さんの演奏は、聞く人の心を一瞬でつかみ、離さないものでした。

日ごろから、ご自宅近くの竹林でコーヒーを飲みながら、竹の楽器や音色など新しいアイデアを練られているそうで、
授業内で紹介された楽器の他にもまだまだたくさんの楽器をお持ちです。

もっと聞きたい、もっと見たい、という方は、鶴さんの出演されるイベントやワークショップなどに
出かけてみてはいかがでしょうか。

鶴さんのHPはこちら↓
鶴勝英HP
バンブートーン
スポンサーサイト
17 : 03 : 20 | 文化総合演習 | page top↑
| ホーム |

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


プロフィール

rebung

Author:rebung
武蔵野美術大学「竹プロジェクト」スタッフ


ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。