FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

インドネシア研修 6

グループに別れての議論・制作の続きです。
各グルー毎に先生がついてアドバイスを行います。
10_03_06_1

Tita先生は長くオランダに留学していた竹のデザインの専門家。
10_03_06_2

優しい人柄は学生からもあつい信頼をうけています。
彼女の描く漫画はインドネシア中で大人気。有名作家でもあります。

10_03_06_3
10_03_06_4
10_03_06_5

展示会場には今日も来場者が絶えません。
10_03_06_6
10_03_06_7
10_03_06_8

明日のプレゼンデータ提出に向けて、議論と同時進行でデータを作成します。
10_03_06_9

先日、食文化研究として昼食会を開催した鳥元の吉武社長も、
展示とワークショップを見に来てくれ、激励してくださいました。

モデル制作にも力が入ります。
10_03_06_10
10_03_06_11
10_03_06_12
10_03_06_13

中間発表が行われました。
これまでの進捗を皆の前で発表します。
10_03_06_14
10_03_06_15
10_03_06_16

発表が終わると先生達のコメントをふまえて、制作を続けます。
10_03_06_17
10_03_06_18

明日でワークショップは最後になります。
学校を出てからも、ご飯を食べながら、
またはホテルに戻ってからも各々グループワークが行われていました。
スポンサーサイト
23 : 11 : 50 | H21インドネシア研修 | page top↑
| ホーム |

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


プロフィール

rebung

Author:rebung
武蔵野美術大学「竹プロジェクト」スタッフ


ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。