スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ジェゴグ鑑賞

【10日目その2】
バリ研修一つ目の目玉企画は、この「ジェゴグ鑑賞」です。

まず、演奏を始めるまえに神様にお祈りをします。
ジェゴグ3

そしてお清め。
お清め


演奏1曲目は今日の演奏がすばらしいものになることを願って、神様にささげる曲を演奏します。
ジェゴグ2
力強いビートで大音響なのに、心地よく癒されるのが不思議です。
竹のガムランともいわれるジェゴグは、長さの異なる8本の竹で出来ていて、14台編成で演奏されます。
後ろの列にいくほどに楽器が大きくなり音階も低くなっていきます。
ジェゴグ4


ここでジェゴグの最高の楽しみ方をお伝えします。それは・・・
ジェゴグ下
楽器の下にもぐって聞くことです!
音が体の芯まで響き渡り、頭皮はムズムズ・・・髪の毛までが共鳴しているような感覚におちいります。
この感動は、もぐって聞いた人だけが味わえる最高の瞬間です。

途中、演奏者の方に教わりながら実際にたたかせてもらうこともできました。
ジェゴグ1


以前、記事にしたこともありますが、私たち竹プロスタッフはジェゴグのとりこです。
今回「竹プロジェクトのインドネシア研修でバリにも滞在する」と決まったときから、是非参加学生にはこのジェゴグを聞いてもらいたいと切望していました。
その願いをかなえることができて、本当にうれしいです。

協力: RyujiN-TyphooN
ヌガラ地方というバリ島西部のJegogの本場からグループを呼んでいただき、個人宅のお庭(ウブド中心街から少し離れ、畑に囲まれた素晴らしいロケーション)での演奏会を企画していただきました。
スポンサーサイト
21 : 01 : 42 | H20インドネシア研修 | page top↑
| ホーム |

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


プロフィール

rebung

Author:rebung
武蔵野美術大学「竹プロジェクト」スタッフ


ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。