FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

竹の造形と地球環境10

今日の授業はゲストに杉浦銀治氏をお招きして行われました。
炭の研究と普及一筋60年以上、氏は人呼んで「炭焼き銀爺」。御年84歳です。
6_26_g1

講義ははじめに銀治先生のお師匠にあたる岸本定吉氏らによる、インドネシアでの炭焼きセミナーのビデオをみました。
国際貢献としての様子と炭の持つ力が詳細に説明されていました。
銀治先生は「炭焼きは地球を救う」という信念のもと、世界中、日本中を飛び回り、活躍されています。

ビデオの後、炭の活用の幅や、竹炭のさまざまな利用に関して講義がありました。

↓授業のはじめから、不思議な音で学生をひきつけたものが、写真の「クリスタル・ボール」です。
6_26_g2

6_26_g3

これは銀治先生がアメリカのシリコンバレーの会社に依頼してつくったという、水晶7:備長炭3の割合でつくられたものだそうです。
不思議な、銀治先生曰く「あの世とこの世」の音が教室中に響いていました。

授業が終わっても丁寧に学生や教授の質問に答えていました。
ハッピに記された「捨て石になれ」という言葉。
銀治先生の信条だそうです。
6_26_g4

授業の後、ムサビ茶道部の玉井君(基デ院2年)により、ムサビ内ベーカリー「エミュウ」にて銀治先生を囲んでのお茶会が開かれました。
6_26_g7

茶道部員によりお茶をたてていただきます。
6_26_g5

6_26_g6

美味しいお茶をいただきます。
6_26_g8

84歳で現役の銀治先生を囲んでの話しは積極的な質問のもと、数時間続きました。
スポンサーサイト
19 : 59 : 19 | 文化総合科目 | page top↑
| ホーム |

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


プロフィール

rebung

Author:rebung
武蔵野美術大学「竹プロジェクト」スタッフ


ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。